FC2ブログ

今日は節分、明日は立春!

2月の室礼(しつらい)
いわゆる模様替えです
1902034.jpg
お軸は「春入千林処々鶯(はるいる せんりん しょしょ うぐいす)」
春の気配が林という林に充ち、至る所でウグイスが鳴いている
という意味、春を待ちわびて掛けました
お花は、蠟梅と椿「数寄屋侘助」
蠟梅は、SK(M)さんが今年も持ってきてくれました
ありがとうございます!

お香合は、「節分香合」
1902035.jpg
蓋をあけると、お福さんが現れます
1902036.jpg
「かわいいーッ♪」と声があがります

1902033.jpg
お棚は「旅箪笥(たびだんす)」
旅箪笥は、桐木地で作られた、利休好みの箱のような棚
今回は、柄杓と蓋置を飾りました
お茶碗も飾る「総飾り」もあります

総飾りといえば、
1902031.jpg
先月のお稽古では、Tちゃんが「雪輪棚(ゆきわだな)」で
建水に帛紗も飾る「総飾り」にチャレンジしました

今日は節分!
庭にはウグイスはまだ来ませんが、
しだれ梅が咲きそうです 
1902037.jpg
真ん中にポツンと白く見えるのが咲きそうですが、
ほかのツボミはまだ固いです

明日は立春!
春が待ち遠しいですね

秋・冬のお菓子あれこれ

昨年(2018)11月~今年(2019)1月の
お茶のお稽古のときのお菓子をご紹介します

ただし、その都度ブログにアップしたお菓子以外ですが
それから、クリスマス バージョンのお菓子は撮り忘れてしまいました(^-^;

まずは、主菓子(おもがし)から

1811ta1.jpg
「延年」練切(ねりきり)

1901ta3 (2)
「赤い実」黄味しぐれ、こし餡

1901ta3.jpg
「姫椿」ういろう、味噌餡

それから、お干菓子(ひがし)は

1811ta2.jpg
左:「笹結び」ほうずい、右:「椿」麩焼きせんべい

1901ta1.jpg
左:「水仙」ゼリー、右:「梅」麩焼きせんべい

1901ta2.jpg
左:「梅」ゼリー、右:「松」麩焼きせんべい

お菓子を眺めるだけでも季節の移ろいが感じられますし、
お茶を一服いただくと、いっそうおいしさが増しますよ

茶の湯の炭

茶道に使う炭は、洗って乾かしてから使います
1901232.jpg
お稽古に使う炭が少なくなってきたので
炭を洗いました
水を流しながらタワシで洗います
炭のまわりの皮が剥がれないように
やさしく洗って、天日で干します

炭のまわりや中の炭の粉を取っておかないと、モウ大変!
手や指で持つと、まっくろくろすけになったり、
火を熾すとパチッ、パチッと火の粉が飛んで畳に焼け焦げの痕がつきます

炭は、基本は火箸を使って炉や風炉につぎますが、
炭点前では、胴炭(どうずみ)を手で扱います
そして、その指を袖の裏で拭きます
大事なときに指が真っ黒になったら困りますよね

1901231.jpg
   炭火は、人の心も温かくしてくれます

茶の湯の釜は鉄、釜の底には「鳴り」という細工があります
お湯が沸いてくると「松風(まつかぜ)」といわれる音がしてきます
これがとってもいい音なんです!
この音が「ごちそう」のひとつ、
そして、白湯の口当たりがとてもなめらかで、
甘みを感じるのも炭ならでは

茶の湯の炭の材料は、何といっても椚(くぬぎ)や楢(なら)
とくに国産の椚がいいとされています
確かに使ってみるとよくわかる!

1901233.jpg
樹皮が密着し、しまりがあり、炭の切り口が円のように丸く、
菊の花のような割れ目があり、これを「菊炭(きくずみ)」と言います
この「菊炭」ともいわれる上質な炭ができるまでについては
茶炭倶楽部のHPを 
https://www.chazumi-club.com/01/index3.html

この椚の炭でできた灰もとっても大事です
4月の末、炉の時季が終わる頃、、炉を仕舞います
灰をあげて、夏に洗ってキレイにして乾かして、
繰り返し繰り返し使っていきます

GLEN CLYDE(グレン・クライド)のソックス

GLEN CLYDE(グレン・クライド)のソックスはスゴい!
1901191.jpg
 メンズソックスです

何がスゴいのかというと ↓
1901192.jpg
      永久交換保証

購入したのはFactelier(ファクトリエ)のオンラインストアから
1901193.jpg
ファクトリエは、メイドインジャパン工場直結ファッションブランド
職人さんの情熱と最高の技術がつまった、
人に語りたくなるものを長く大切に使ってもらいたい、
そういう想いで立ち上げたそうです

1901194.jpg
   パンフ

パンフの中のポリシー
1901195.jpg

ファクトリエのHPは 
https://factelier.com

グレン・クライドについては 
https://factelier.com/factory/glenclyde/

ほかにもまだまだたくさんのスゴい工場があります
ゆっくり見たいHPです

2019年初釜&ワンコインお茶会(その3)

数茶の前にお干菓子をいただきます
19112ha14.jpg
お干菓子の1つ目は「初夢」富士山のゼリー
19112ha13.jpg
もう1つは、寶露(ぼうろ)せんべい
おめでたい宝尽くしの形です

薄茶を点ててくれたのは
19112ha15.jpg  19112ha16.jpg
     SNさん                     SKさん
  
皆さんでお茶をいただき
今年のお初釜も無事に終了!

19112wa7.jpg
最後に、恒例の記念撮影
今年も元気で楽しくお稽古しましょう!

さあ、第2部は、

お茶とお釜のお湯、炭も足して
午後3時から「第9回新春ワンコインお茶会」です
会費は、お1人ワンコイン、500円
ご近所さん、知り合いや家族、友人たちに声をかけて
参加者の中には、久しぶりに顔を合わす人たちもいて
お話が盛り上がります♪

19112wa1.jpg
HSさんと4人の生徒さん
19112wa3.jpg
YK君夫妻
19112wa2.jpg
SK(W)さんも点てて

19112wa8.jpg
そして、最後に記念撮影
途中でお帰りになった方も
いらっしゃいましたが、参加者数17名

みなさん、本年もよろしくお願いします
健やかないい1年になりますように