FC2ブログ

2020お正月 奈良・京都のランチ その3

さて、お正月 京都のランチはこれで最後の回になります
烏丸の料亭「瓢樹(ひょうき)」

202001h1.jpg
六角通りです
瓢樹は初めてで、一休.comで探しました

202001h.jpg
予約したランチコースは花遊膳(はなゆうぜん) (HPから)

明治の日本画家 今尾景年(いまお けいねん)旧宅の1階が瓢樹
個室でお庭を眺めながらいただくお料理
楽しみにしていました
202001h2.jpg
玄関

202001h3.jpg
お部屋まで 手入れされたお庭がきれい
ほかにお客様がいらっしゃるのに、とっても静か
個室だからかしら

202001h4.jpg
案内されたお部屋です
お庭が見えます お年賀がおいてありました
202001h5.jpg
開けてみたら、干支の子の字が描かれた小皿
毎年集めているお客様がいらっしゃるとか

202001h6.jpg
この部屋はお茶室だったそうで炉が切ってあるそうです
床柱がスゴイ! 大正天皇から下賜されたとか
202001h11.jpg
額は「捉月(そくげつ)」 為書きがあります
「為 景年翁 紫野松雲叟書」大徳寺の松雲老師ですね
とか何とかおしゃべりしている内に

202001h7.jpg
運ばれてきました OPEN! お重が出てきました
202001h8.jpg
八寸は、名物の半熟玉子 諸子 ちしゃとう など

202001h9.jpg
スパークリングは外せません
月桂冠の「うたかた」 少し甘めですがさっぱりとした飲み口

202001h10.jpg
天ぷら 穴子煮つけ 菊かぶら つまみ湯葉 生うに
もちろん、お造りも出ましたよ

202001h12.jpg
そして、〆のお吸い物とご飯
202001h13.jpg
お漬物の下段がご飯 小豆と青菜のご飯です

202001h14.jpg
デザートは、わらび餅でした

少し早く着いたのにも関わらず笑顔での対応がうれしかったし、
お庭の風情、打ち水の清々しさも、お料理のおいしさを引き立てていて
とてもよかったですよ

瓢樹のHPは
http://www.kaiseki-hyoki.com/
一休.comにも詳しく載っています
https://restaurant.ikyu.com/111964/

あっという間の3日間
帰宅するとまた行きたくなる奈良・京都でした
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)