FC2ブログ

令和元年5月初風炉の茶事 その2

さて、中立の間にを確認 
2019051113.jpg
  ちょうどいい感じです
2019051112.jpg
軸をに替え、濃茶の用意ができたら、
2019051111.jpg
合図の銅鑼(どら)を打ち、席入りしていただきます
これを後入(ごいり)といいます

2019051114.jpg
  濃茶の終盤、お道具の拝見

濃茶がすむと、薄茶になり、座布団、干菓子を出します
2019051115.jpg
  和三盆は「流水」
  味噌煎餅は「薫風」、2羽の燕の焼き印があります

半東の担当は薄茶点前
水屋・勝手の担当は蔭点てします
お客様から「おいしい」とのお言葉がありましたよ

茶事の所用時間は約4時間
最後に水菓子(フルーツ)は、苺とさくらんぼとお番茶

お客様のお帰りの前に恒例の記念写真
半東、水屋・勝手の担当者も一緒にパチリ
2019051116.jpg
  11日
201905121.jpg
  12日

無事に終わって、緊張感がとれたところで
ホッとして疲れが出てきたことでしょう
201905114.jpg
  バックヤード風景 真剣そのものでした!
結果は、
とってもよくできました!(^^)!

茶事はお客様から礼状をいただきます
お手紙を読むのも楽しみですが、
次回のお稽古のときに、感想を聞かせてくださいね
スポンサーサイト

コメント

バックヤードにて

半東をさせて頂きありがとうございました、とても勉強になりました。もう少し落ち着いて振る舞いできれば良かったと反省してます(^^)

Re: バックヤードにて

初風炉の2日間、お客様と半東の2役お疲れさまでした。もてなされる側ともてなす側で本当にお勉強になったと思います。今後ともよろしくお願いします!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)