FC2ブログ

巡見inみなかみ町 その3

国指定遺跡矢瀬(やぜ)遺跡から徒歩約10分、
といってもこの暑さ、車に乗って来た月夜野郷土歴史資料館
18081913.jpg

玄関には、プランターでしょうか?
18081914.jpg

18081915.jpg
 月夜野ガラスみたいです
キレイなグリーンですよね
18081916.jpg
大形甕について説明する世話人の一人の藤井さん
18081917.jpg
キャプションには、
 南北朝~室町時代(14世紀後半~15世紀中頃)
 愛知県で生産された常滑の大甕と呼ばれる製品
 ほぼ完成品であり、学術上貴重なものである
下の写真には、
 昭和7年古馬牧小学校校庭拡張工事の折
 土中より発見された甕中に古銭が数百枚あった
と書かれています

矢瀬遺跡の出土遺物展示コーナーです
18081921.jpg

18081919.jpg
   耳飾り
18081920.jpg
   土偶
18081922.jpg
   浅鉢形土器(あさはちがたどき) 縄文時代前期
ガラスケース越しですが、リーフ柄のような模様がステキです
18081923.jpg
   木柱根
矢瀬遺跡から出土した木柱根を剥ぎ取った埋設状況資料

そのほか、考古、歴史、民俗の資史料がズラリと並んでいます
18081930.jpg
       (「奥利根湯けむり街道」HPから)
県指定重要文化財 明徳寺の木造聖観音坐像
優美なお姿、拝見できて うれしかったです

そして、巡見最後の
県指定史跡名胡桃(なぐるみ)城址に向かいます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)