FC2ブログ

第25回群馬地域史懇話会in水上

8月18日(土)~19日(日)
3年ぶりに宿泊研修会に行ってきました

1808182.jpg
   公立学校共済やすらぎの宿 去来荘
水上温泉郷のほぼ中央にあります
思えば、第1回目も2回目もここが会場でした
懐かしい!
温泉のお湯もやわらかくて気持ちよかったです
お肌もしっとりいい感じ!
今年の12月で閉館になるって聞いて、とっても残念です

1808181.jpg
窓の下には、利根川が流れています
水の流れは、画像の下から上へ流れています
研修中にラフティングの声が聞こえていましたよ

平成5(1993)年に始まったこの会は、
群馬県史近世部会長、群馬県立文書館長だった
故 井上定幸先生が世話人代表として発足しました

初めは「群馬県近世史懇話会」、そして、
近世史に限らず時代や分野を越えて、地域研究に
携わる人たちに参加を呼びかけ
群馬地域史懇話会」と名称を変えて
研修と親睦の機会を設けてくださいました

研修(話題提供)、懇親会
巡見(見学会)の3本立
毎年、年1回の宿泊研修会
ちょうど自治体史編纂の時期と
リンクして会を重ねてきました

途中、平成16(2004)年は
地方史研究協議会高崎大会があるため、この年のみ中止
そして、翌平成17年の榛名町で行ったあとに、
井上先生がご逝去され、組織をかえて
今に至っています

今回の出席者は25名
研修会の発表も
 清水越えの道筋について
 みなかみ町の歴史建造物について
 事件後の名胡桃城と吉田新左衛門
の3本

年に1回のお馴染みのメンバーに、
初めて顔を合わせた人たちもともに
懇親会の夜も盛り上がりました♪

本年、平成30(2018)年で25回
ホントに四半世紀
懇話会の今後について意見交換をして
次回から、世話人を新進気鋭の若い方々に
お願いすることになりました

今までの世話人の方々には大変お世話になりました
ありがとうございました
巡見については、次回に
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)