没後200年特別展「大名茶人 松平不昧」展へ

5月27日弥生会茶会のあと、江戸千家会館から坂を下りて、
千代田線の根津駅で地下鉄に乗り、
大手町で乗り換えて三越前へ
A7出口を出ると、もう三井タワービルの地下
エスカレーターで1階のアトリウムへ、そこからエレベーターで
7階の三井記念美術館に到着!

185277.jpg
  三井タワー1階のアトリウムで  

185271.jpg
パンフです
185274.jpg
パンフの中面↑↓
185275.jpg

さすが、没後200年記念事業
すごいお道具がズラリ!なんて思いながら鑑賞

展示はどれもスゴクて、目に留めておきたいものばかり
有名な「茶の湯の大意」を観られたのもよかったです
「茶の湯は稲葉における朝露のごとく枯野に咲けるなでしこのごとし」

1852790.jpg
図録は、2400円なり
「雲州蔵帳」翻刻版がセットになっています
「雲州蔵帳」翻刻版だけだと、800円とのこと

展覧会の概要は、三井記念美術館のHPで
 http://www.mitsui-museum.jp/exhibition/index.html

ちょうどほどよい時間になり、
タワービル2階の千疋屋フルーツパーラーで
みんなでお茶しようと思ったら、満席で残念!
予定より1時間くらい早く帰路につきました

185272.jpg185273.jpg

そうそう、上記のMAPを美術館内の廊下で見つけました
東京駅周辺の美術館の入場券が割引になるそうですよ

そしてMAPを開くと、各美術館の展覧会情報があって
三井記念美術館では「仏像の姿(かたち)」展があるとか
秋の楽しみがひとつできました

今年も充実した日帰り研修旅行
楽しかったです
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございました

コメント遅くなりました。とても有意義で楽しい時を過ごせました、次回のティタイム楽しみです^ - ^

No title

shinoさん、こんにちは。
弥生会茶会は、春と秋の2回催されます。
またみなさんと一緒に行きましょう!

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)