FC2ブログ

平成30(2018)年5月12日・14日初風炉の茶事 その3

中立の間に、

185126.jpg
をはずしてに替え、

185127.jpg
 濃茶入れを飾ります

湯や炭の具合も見て、濃茶の用意ができたら
合図に銅鑼(どら)を打って、
お客様に準備が整ったことをお知らせします
この間合いも難しいです

1851214.jpg
  腰掛待合のたばこ盆
お客様は腰掛待合で銅鑼が鳴るのを待って、
迎え付けののち、蹲を使い席に入ります

さあ、茶事のメインの濃茶です
何といっても、濃茶が一番緊張する場面
(画像がないので省略させてくださいませ)

濃茶のあとは、干菓子を出して、薄茶になります
185128.jpg
この菓子器は、不白会東京支部70周年の記念品
ステキ♪ 

1851215.jpg
棗と茶杓の拝見も終わって
これで、午前11時のお席入りから、約4時間にわたるお茶事は無事に終了

水菓子(佐藤錦)とほうじ茶でくつろいでいただきます

そして、お帰りの前に恒例の記念写真

1851216.jpg
   12日のメンバー

1851217.jpg
   14日のメンバー

両日ともお天気にも恵まれた佳き一日でした

次回のお茶事には、皆さんにお水屋の経験もどうかな、と考えています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)