マリア・ジョアン・ピリス ピアノ・リサイタル in 高崎

昨日の4月10日、高崎シティギャラリー コアホール
マリア・ジョアン・ピリスピアノリサイタルに行ってきました

184101.jpg
甘さや装飾のない、澄んだ音色、
ピュアな精神性が感じられるピリスのピアノ
大好きです

とはいえ、ピリスはホントに久しぶり
最初に聞いたのは、1992年11月9日
伊勢崎市文化会館で
184111.jpg
「マリア・ジョアオ・ピリス ピアノリサイタル」
ベートーヴェンのピアノソナタとショパンの前奏曲
アンコールは、シューマンのロマンスでした

そして、1994年7月6日
もう使われていない、お茶の水のカザルスホール
「マリア・ジョアオ・ピリス&オーギュスタン・デュメイ
デュオリサイタル」
184112.jpg
プログラムの曲目変更があったけど
このデュオはとっても素晴らしかった
アンコール曲は2曲で、2曲目の
フランクのヴァイオリンソナタが、また素晴らしい!
(このカザルスホールはいいホールでした
とっても残念です)

それから聴くチャンスを逸してしまい、もう20数年経ってしまいました
ピリスは今年2018年のシーズンをもって引退するそうです
なので、今回が最後の日本ツアーだとか

昨日は、ベートーヴェンのピアノソナタ3曲
初めの「悲愴」が始まった瞬間、ピリスを聴けてよかった、と思いました
2曲目は「テンペスト」、そして最後のソナタ32番
アンコールは、ベートーヴェン「6つのバガテル」第5曲
重く力強く美しい音、澄み切った美しい音が奏でるメロディ
会場の空間までもピリスに酔いしれています

そして終演後、サプライズが!
なんと急きょのサイン会
CDでもパンフでもとにかく1人1枚
184104.jpg
ツーショットはダメだけど撮影はOKでした
184105.jpg
ぞくぞくと並んでいます

コンサートの余韻がうれしい一日でした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)