FC2ブログ

2018ハッサクの収穫

一昨日ハッサクを収穫しました

昨年の摘果が不十分だったせいか
93個と数は多いけど、小粒かしら
1801302.jpg
  大きいもので直径11cmくらい

1801301.jpg
 ↑ 摘果したハッサク
摘果して、飾っていたのも先日食べちゃいました
酸味が多いけど結構いけました

昨日30日の「天声人語」は、柑橘系のお話でした
ちょっとご紹介しますね

  この季節、暖房の利いた部屋にミカンやユズの香りが広がると、
  寒さで縮こまった気分がすっとほぐれる。
  かんきつ類を眺めて感心するのはその多種多様さ。
  味も違えば、見た目も異なる。

  「祖先はおそらく三つか四つ。数千万年前にインドで発生し、
  風や虫が花粉を運んで自然交雑が進み、多様化したようです」
  農研機構の上級研究員、清水徳朗(とくろう)さんは話す。

      (中略)

  清水さんらは国内外269種のゲノム(全遺伝情報)を解析し、
  花粉親(父)と種子親(母)を調べた。
  精度は人の親子鑑定並みという
  例えば親子と考えられていたスダチとカボスは、
  実は異母きょうだいだった。
  いずれも父はユズという。……(後略)。


ふーん・。・そうだったの
なんだか不思議です

ハッサクの学名は、Citrus hassaku キトルス ハッサク
ユズは、Citrus junos キトルス ユノス
カボスは、Citrus sphaerocarpa キトルス スファエロカルパ
ミカンの仲間は、Citrus キトルス がつきます

柑橘系の香りの代表的な精油成分は、リモネンやピネン
リラックスや、リフレッシュ、体を温めるなどの効果も

収穫した八朔は、まだちょっと苦味もあります
追熟するのを楽しみに待ってます
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)