FC2ブログ

2017年10月のお稽古

早いものでもう10月半ばになりますね
来月11月は炉の季節
この時季は、秋も深まり朝夕は肌寒く感じ、温かさがほしくなります
そこで、10月は「中置きの点前」のお稽古です

171091.jpg
畳の中央に風炉(ふろ)を置き、水の入った水指(みずさし)を
勝手つき(かってつき お客さまから遠い方)に置いて
お点前をします
お客さまに少しでもぬくもりを感じていただこう、との
心遣いで、これを中置きといいます

171092.jpg
   Y子ちゃんも中置きに初挑戦
いつものお点前とちょっと違うけど頑張っています

171095.jpg
お軸は「清風萬里秋(せいふうばんりのあき)」
 清々しい風が吹きわたり、いたるところ秋のけしき、という情景
 悟りを開いた様子でしょうか
花入れは、宗全籠(そうぜんかご)といい、
江戸期の茶人 久田宗全(ひさだそうぜん)が考えた籠花入れです
お花は、 白山吹の実、秋海棠、白のシモツケ、白の秋明菊、吾亦紅
     ホトトギス、ラベンダーセージ

お菓子は、まずは生菓子から
171093.jpg
「紅葉狩(もみじがり)」練り切り(ねりきり 白あんに砂糖やつなぎの材料などで練って作ったもの)

干菓子は、
171094.jpg
「ススキ」麩焼煎餅(ふやきせんべい)
「丸柿(まるがき)」州浜(すはま きな粉と砂糖などを練って作ったもの)
 
しみじみとした秋の風情を感じながら
お茶とお菓子をおいしくいただきながら
楽しくお稽古しましょう
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)