FC2ブログ

檜垣青子(ひがき せいし)さんの茶陶展で

「コンコンチキチン、コンチキチン」と
祇園祭のお囃子が聞こえてきそうな
パッケージでしょ
DSCN0939.jpg

7月7日の七夕の日、高崎高島屋アートギャラリーでの
檜垣青子さんの茶陶展で呈茶のお手伝いに行ってきました
DSCN0937.jpg
ご本人も作品もとってもステキです

呈茶のお茶とお菓子は、檜垣さんのご持参で
お菓子は、特別調製の「貴船」
お茶は、松籟園(しょうらいえん)の「颯々ノ昔(さつさつのむかし)」
檜垣さん作でのお茶碗でお出ししました
お客様とても喜んでらっしゃいました

DSCN0912.jpg
スーツ姿の檜垣さん、キレイな方です
前回いらしたときのお着物姿も、とってもステキでした

DSCN0943.jpg
呈茶時間が終わり失礼するとき、永楽屋の佃煮をいただきました
「そ」は、粗品という意味だそうです
今、京都は祇園祭の時期なので、とおっしゃっていました
長刀鉾のパッケージもうれしいです♪

17791.jpg
永楽屋のHPから   http://www.eirakuya.co.jp/

檜垣氏は先代が京都洛西 桂の地に築いた窯を
受け継ぎ作陶を続けています
亭主と客をつなぐ茶碗は手に触れ離れがたく、
また茶の湯の心を大切にしながら
華やかで楽しくをテーマに作られた作品の数々
(パンフレットから)

檜垣青子さんの茶陶展、各お流儀の呈茶席は
今日で終わりですが、展覧の会期は7月11日までありますよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)