FC2ブログ

玄関の竹

玄関の前の竹
毎年、竹の子が出てきたら
空間のバランスがよさそうなものを残しておきます

そして、手ごろな大きさになったら、
節のすぐ上をカットし、葉の出てくるところを残して
芯止め(しんどめ)します

ちなみに、茶杓の「樋(ひ)」というのは、
竹の節から枝が出てくるところの凹んだ部分のことをいいます

昨年の竹を根元の所から、鋸で切ります
DSCN0869.jpg
ちょっと透き透きで恥ずかしい感じですが
少しの我慢
竹の新しい枝が伸びてくるので、少しずつ整えます
DSC01839.jpg t1.jpg 
こんな感じになります
若い竹は清々しいですよね

さて、これは何でしょう?
DSCN0874.jpg
切り落とした手ごろの枝をさらにカット
DSCN0872.jpg
お茶のお稽古の使った茶筅を
きれいにしてから、かけます

茶筅の水切りに使います
S先生から教えていただきました
リユース、リサイクルですね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)