fc2ブログ

エリック・サティ生誕150年記念コンサート♪

ご縁があって、ピアノコンサートに行ってきました
タイトルは、「サティが生きたパリの音

at2.jpg
  会場のアトリエミストラル
高崎市下小鳥町にあります
at5.jpg
  壁には金庫が
それもそのはず、旧金融機関の建物を改装したそうです

at1.jpg
プログラムは
きれいで軽やかなワルツの「ジュ・トゥ・ヴ(おまえが欲しい)」
ほか小品が2曲と、秘曲「星たちの息子」全曲版

at4.jpg
  使用楽器は、パリのピアノ「プレイエル」
「ジュ・トゥ・ヴ」は1900年(明治33)に作曲されました
高崎市の市制施行と同じ年です
そしてこのピアノは1905年製
サティと同時代のピアノは、筒井一貴さんの演奏で
ふくよかできらめくような音がします

サティの、明るさの中に明るさの中にどこかアンニュイで儚げな感じが
何ともいえません
心に沁みてきますよね

アトリエミストラルのHPは
http://atelier-mistral.jimdo.com/

久しぶりのピアノコンサート
行ってきてよかったです
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)