FC2ブログ

平成26年5月10・24・29日初風炉の茶事

今年の初風炉の茶事
お勝手・通いの係なしで、一人でチャレンジ
楽しかったというか、無事に終わってよかったというか

昨年まではお弁当をとって、
お味噌汁、椀盛、向付、八寸だけ作りました

今年は、気合を入れて全部作ってみました
鰹節と昆布でお出汁をとって、下ごしらえをして
当日の朝を迎えました

まずは、
寄付の風炉に炭をおこして入れて、
お客様にお湯を飲んでいただく用意
 
 DSCF1247.jpg  DSCF1412.jpg
 信楽の四方風炉               タバコ盆にも炭を

DSCF1342.jpg
お家元の色紙「祥雲」を掛け

本席のしつらえは
DSCF1253.jpg
お軸は「歩々起清風」(ほほ、せいふうをおこす)
DSCF1228.jpg

ご挨拶のあと、懐石料理が始まります
写真を撮る時間もなかなかなくて、数枚のみ
内容は、5/22付のブログで想像してみてくださいね

DSCF1348.jpg  DSCF1420.jpg
  最初の膳            焼魚

DSCF1353.jpg  DSCF1354.jpg
  八寸(はっすん)           湯桶(ゆとう)と漬物

お料理でお腹が一杯になったら
炭点前になります

DSCF1355.jpg
  道安風炉(どうあんぶろ)に炭が入りました

主菓子をいただいて、中立(なかだち)となります
DSCF1400.jpg  DSCF1422.jpg
「千鳥」黄身しぐれ         腰掛待合のタバコ盆

お客様は、濃茶席の用意ができるまで
外で腰掛けにかけて待ってます

メインの濃茶の用意は、お客様に待っていただいてる間にします
お軸を花に取りかえます
この花で、床のイメージがぐっと変わります
DSCF1358.jpg  DSCF1360.jpg
  掛花入(かけはないれ)     水指と濃茶入れを飾り、
もう一度席を確認して、合図の銅鑼を打ちます
銅鑼(どら)を打つ音が聞こえてきたら、OKです
 
DSCF1401.jpg  DSCF1361.jpg
濃茶のお茶碗               濃茶入、茶杓と仕覆(しふく 茶入れの袋)の拝見

濃茶のあとは薄茶です
DSCF1398.jpg  DSCF1402.jpg
まず、お干菓子を         薄茶のお茶碗

DSCF1406.jpg  DSCF1408.jpg

   棗と茶杓                 棗は雪吹(ふぶき 棗の形の名)←吹雪を逆に書きます

この後、水菓子とお番茶が出て、お茶事が終わります

最後に恒例の記念写真
DSCF1255.jpg

DSCF1423.jpg

約4時間のお茶事が終わりました
忙しかったけど、達成感(笑)の中に反省点あり
次回も頑張ろうって思いました
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)