FC2ブログ

お茶の納会

昨日は、今年最後のお茶のお稽古日 納会でした
先ずは、甘酒を作っておいたので、おろし生姜をちょっと入れて
皆さんでフーフーしながら飲んでから、はじめました
  
  今年最後のお軸は、やはりおめでたいものをと……
  お花は、残念ながら家の庭の椿がまだまだなので、
  残花の黄色の小菊と照り葉を

   
  この水指は、西村徳泉の色絵草花「四君子」
  実は、お家元からのご相伝が11月にあり、
  先生から  お祝にいただいたものです
  先生が、ご相伝の時にお家元が使ってくださった棗の絵を
  色紙に描いて、水指に添えてくださいました
  もう、うれしくて感激です
  初使いです

   
  青漆爪紅(せいしつつまぐれ)の雪輪棚に合わせて
  棗は、聖夜、佐々木麗峰
  香合は、菊蟹香合、大樋年朗

   
  お茶碗は、須山昇華の雪華        陳内窯の雪月花   


  主菓子は、「風花」、雪の結晶の焼印がある、じょうよ饅頭


  いただきものの虎屋の羊羹


  シチリア土産のオレンジピールのチョコがけ
 
      
  いただきもので、熊本のお菓子「朝鮮飴」
  お干菓子のかわりに、サンタクロースのお煎餅

おいしいお菓子がたくさんあって皆さんニコニコです
お話もはずみました

今年の後半は慌ただしかったです
11月は先ず、炉開きがあり、
私のご相伝のほかに、
お弟子さんが、茶道教授の看板をいただきました

お茶事にも招かれました
お茶事は、炭点前、懐石料理、
濃茶、薄茶の点前など、
4時間にわたる、お茶の席です(お酒も出ますよ)
招かれて伺う方は、楽しみで行きますが、
お茶事をなさる方も、裏でささえる方々も
さぞかし、大忙しでご苦労なさったことでしょう

それから、高崎のお茶会に、お弟子さん達が出て、
一生懸命にお点前したり
お通い(お客様にお菓子やお茶を運ぶ)したり、
水屋(お菓子やお茶の用意やそのほか色々)を
したり、フル回転で動き回りました
ホントにお疲れさまでした

それで何のお稽古をしたかと言うと、
炭点前、
利休さんへの供茶、
重ね茶碗の点前、などです
来年の初釜のお稽古となりました

来年も皆さん元気で集まれますように




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)