FC2ブログ

2020お正月 奈良・京都のランチ その3

さて、お正月 京都のランチはこれで最後の回になります
烏丸の料亭「瓢樹(ひょうき)」

202001h1.jpg
六角通りです
瓢樹は初めてで、一休.comで探しました

202001h.jpg
予約したランチコースは花遊膳(はなゆうぜん) (HPから)

明治の日本画家 今尾景年(いまお けいねん)旧宅の1階が瓢樹
個室でお庭を眺めながらいただくお料理
楽しみにしていました
202001h2.jpg
玄関

202001h3.jpg
お部屋まで 手入れされたお庭がきれい
ほかにお客様がいらっしゃるのに、とっても静か
個室だからかしら

202001h4.jpg
案内されたお部屋です
お庭が見えます お年賀がおいてありました
202001h5.jpg
開けてみたら、干支の子の字が描かれた小皿
毎年集めているお客様がいらっしゃるとか

202001h6.jpg
この部屋はお茶室だったそうで炉が切ってあるそうです
床柱がスゴイ! 大正天皇から下賜されたとか
202001h11.jpg
額は「捉月(そくげつ)」 為書きがあります
「為 景年翁 紫野松雲叟書」大徳寺の松雲老師ですね
とか何とかおしゃべりしている内に

202001h7.jpg
運ばれてきました OPEN! お重が出てきました
202001h8.jpg
八寸は、名物の半熟玉子 諸子 ちしゃとう など

202001h9.jpg
スパークリングは外せません
月桂冠の「うたかた」 少し甘めですがさっぱりとした飲み口

202001h10.jpg
天ぷら 穴子煮つけ 菊かぶら つまみ湯葉 生うに
もちろん、お造りも出ましたよ

202001h12.jpg
そして、〆のお吸い物とご飯
202001h13.jpg
お漬物の下段がご飯 小豆と青菜のご飯です

202001h14.jpg
デザートは、わらび餅でした

少し早く着いたのにも関わらず笑顔での対応がうれしかったし、
お庭の風情、打ち水の清々しさも、お料理のおいしさを引き立てていて
とてもよかったですよ

瓢樹のHPは
http://www.kaiseki-hyoki.com/
一休.comにも詳しく載っています
https://restaurant.ikyu.com/111964/

あっという間の3日間
帰宅するとまた行きたくなる奈良・京都でした
スポンサーサイト



2020お正月 奈良・京都のランチ その2

さて2日目は、京都 仁和寺の山門前の「佐近(さこん)」
仁和寺は、真言宗御室派、我が家のお寺の本山です

202001s1.jpg
佐近は、京料理とフランス料理の融合を味わえるお店

以前(1992年4月)、大阪の枚方市にいたお友達のATさんと
仁和寺に来た時に、たまたまランチしたのが、最初で
季節の新鮮な素材を、和食のたくみさとフレンチの華やかさと
調和したおいしいお料理に感激しました

そして昨年12月、日本橋の三越の催事で偶然お料理に出会い
やっぱりおいしい!っていうことで、今回予約して行きました

202001s2.jpg
店内 オーナーシェフの西條さん

202001s3.jpg
ランチはお任せの「橘」コース
202001s4.jpg
箸置きもおめでたい青海波

202001s5.jpg
お酒は 松竹梅白壁蔵の「澪(みお)」DRYを頼んで 
スパークリングは大好きです
窓越しに、仁和寺山門が見えます

202001s6.jpg
諸子昆布巻 

202001s7.jpg
黒豆 チーズムース 数の子 サーモン砧巻・福沙焼・ちしゃとうの串

202001s8.jpg
伊勢海老ポタージュ

202001s9.jpg
平目 本鮪 カンパチ 盛り合わせ

202001s10.jpg
フィレステーキ ペリゴール風 フォアグラのムースと共に


202001s11.jpg
海老芋 車海老 新筍 炊き合わせ
202001s12.jpg

202001s13.jpg
天然鯛昆布〆寿司 赤出し

202001s14.jpg
お抹茶バヴァロア
デザートと一緒にアップルティーを頼んで
ランチは終了

ご飯のときの「たまりすいか」のお漬物もおいしかったので、
おみやげにしました

今日のコース、とってもおいしかったので、同行のMちゃんは「また来たい!」ですって
こちらの食べるペースを見計らって、お料理をサーブしてくれるので
おいしさが増します
器もよかったし、心地いい空間で気持ちよくいいときを過ごしました

202001s15.jpg
そして、仁和寺に向かいます

佐近のHPは、リニューアルですが、
ホットペッパー 食べログ ぐるなび のリンクを張ってありますよ
http://www.sakon-kyoto.com/index.htm

佐近もおススメです

2020お正月 奈良・京都のランチ その1

今年のお正月は、所用で奈良・京都へ
観光の時間は取れなさそうなので、せめてランチは!

まずは、初日は奈良にて「(げん)」
知る人ぞ知るお蕎麦の名店です

ここは、すでに2回振られていて、今回やっと念願が叶いました
初めは、家人が1人で奈良散歩をしていて、偶然通りかかって入ったら
「お蕎麦がおいしかった」と、後日、連れられて行ったら、売切れですって!
2回目は、予約の電話を入れたら、その日はすでに満員御礼!であえなくダウン!!

今回電話したら、JR奈良駅に着くのが、オーダーストップの13時に近い時間なの
でも、タクシーに乗ればすぐだからOK、とのことで、お蕎麦の種類と枚数を予約

で当日、奈良駅を下車して急いでタクシーに乗り込みました
この辺なんですけどね、とタクシーの運転手さん、確かに分かりにくい
興善寺というお寺の手前の狭い道を入ったところ、今西家書院の近くにありました
202001g1.jpg
入口
202001g2.jpg
玄関
202001g3.jpg
中庭を望む
202001g4.jpg
メニュー
202001g5.jpg
手前:せいろ蕎麦 向こう:田舎蕎麦
せいろ蕎麦は、更科、そしてとっても細い
でも、しこしこ歯ごたえがあっておいしい
202001g6.jpg
蕎麦豆腐 湯葉のせ
ホントは、うにのせがよかったけれど売切れ!
湯葉のせもおいしかったけど、残念!
202001g7.jpg
もう1枚頼んでいた田舎蕎麦
田舎蕎麦も細め、でも香りが高くておいしい!

出された蕎麦茶がおいしかったので、蕎麦茶をお土産に
202001g9.jpg
後ろ髪を引かれて 入口から玄関を

は、〒630-8381 奈良県奈良市福智院町23−2
電話:0742-27-6868

また行きたいお蕎麦やさんです

令和2(2020)年のワンコインお茶会と・・・・・・

初釜が無事に終了し、3時からは、「新春ワンコインお茶会
毎年恒例の、お1人様ワンコイン(500円)会費のお茶会
第10回目になりました

ご近所さん、家族、友人たちに声をかけて
今回参加された方は、計15名

20200111o3.jpg
WK君と友人のT君
20200111o4.jpg
T君 お点前チャレンジ

20200111o2.jpg
HSさんと3人の生徒さん

そしてそして、何と!
初釜のときの数茶の合間にするはずだった福引
忘れていたことが判明!
私としたことが申し訳ないです

急きょ、あみだくじして
20200111o5.jpg
福は、MKさんに
何が当たったかは、後ほどお稽古のときにお披露目します

20200111o7.jpg
このお茶会は時間内であれば、いつでもお好きな時間に来ていただいてます
最後にいてくださった方と記念撮影

健やかないい1年になりますように

令和2(2020)年の初釜 その2

大福茶のあとは点心(簡単なお食事)です
今年は、お弁当をとり、椀盛(わんもり 煮物椀)を作りました
2020011110.jpg
準備係の人に仕上げをお願いして
お酒は、水芭蕉の純米吟醸スパークリング
甘酒は、八海山
好評でしたよ

点心が済んだら、お干菓子
2020011111.jpg
「梅」麩焼きと、「福俵」京都俵屋の和三盆

2020011112.jpg
数茶で、和やかに薄茶をいただきます
2020011113.jpg
点前のトップバッターは RTさん
2020011114.jpg
次の点前は、HSさん
2020011115.jpg
サプライズの点前は SKさん

2020011116.jpg
そして、最後は記念撮影
皆さん、今年もお稽古よろしくお願いします

令和2(2020)年の初釜 その1

今年の初釜は1月11日に無事に(笑)終了しました
やはり、覚え書きバージョンでアップしますね

202001111.jpg
まずは、炭を熾して、炉に種火を入れて

202001112.jpg
初釜の室礼

202001113.jpg
席入り

202001114.jpg
1人ずつご挨拶
皆さんそれぞれ今年の抱負を語ってくれました
頼もしいです!

202001115.jpg
炭点前  MKさん
202001116.jpg
炭斗(すみとり)ではなく、炭台(すみだい)を使った「台炭」の点前

供茶(くちゃ)をしてから、大福茶(おおぶくちゃ)
嶋台(しまだい)という赤楽の金銀の重ね茶碗で濃茶を点てます
202001117.jpg
水屋の様子 お菓子は花びら餅
茶杓は薬師寺の古材

202001118.jpg
この大福茶は、私が皆さんに濃茶を点てます
202001119.jpg

皆さんの前でのお点前は、緊張しますね

令和元(2019)年の納会

昨年(2019)の後半は、いろいろなことがあり、
ブログもなかなか更新できませんでしたが、
本年もよろしくお願いいたします

昨年のことになってしまいますが、簡単な覚え書きとしてアップしますね
12月21日の納会は、炉開きができなかったので、兼ねて行いました

201912211.jpg
床の間

201912212.jpg
席入り

201912213.jpg
炭点前は MKさん

201912214.jpg
供茶は IYさんとWK君

201912215.jpg
主菓子は 練切で「姫椿」

201912216.jpg
濃茶は MMさんSNさん

201912217.jpg
干菓子は ゼリー「水仙」と和三盆「雪月花」
201912218.jpg
この「雪月花」は、
江戸千家流祖 川上不白生誕300年記念のお菓子
和歌山県新宮市の福田屋製です

福田屋さんについては ↓
http://www.s-fukudaya.jp/

「雪月花」については、和歌山放送ニュースに ↓
https://wbs.co.jp/news/2019/12/12/141286.html

201912219.jpg
薄茶は SKさんとHSさん、YK君
SKさんはこの12月で傘寿を迎えられたので、社中の皆さんでお祝いしました

例年は、皆さんとランチに行くのですが、今回の納会はこれにて終了です