FC2ブログ

10月は今年最後の風炉のお稽古

お茶の季節では、5月から10月までは風炉、
11月からは炉になります
なので、風炉(ふろ:移動式の炉のことです)のお稽古は
今年は最後、来年5月までお預けです

20161029.jpg
  点前はY君 半東はMさん
初心者ながらも、薄茶の運び点前から、
お棚を使った点前をお稽古してきました
もちろん、割り稽古をはさみながらね

20161014.jpg
  Sさん
もうベテランさんですが、
基本のお稽古は大事ですよね
 
20161027.jpg
そして、炭点前

炭の暖かさが恋しくなる頃、
椿の花がきれいに咲き始める頃
来月から、炉の季節になります
スポンサーサイト

ローリエの葉を干して

庭の月桂樹を少し剪定しました
切った枝葉からもいい香りがします
DSCN0259.jpg
剪定したので、枝の日当たりがよくなりました

クスノキ科の月桂樹の葉は
エッセンシャルオイル(精油)としても
1610232.jpg
柔らかく甘く、少しスパイシーな香りは、
心を落ち着かせ、安心感をあたえてくれる香りです
ローズマリーほどではないけれど、
柔らかく、爽やかな清涼感のある香り
直観力を高め、また、体調を整えてくれる効果もあるとか

クッキング用のスパイスとしては、香りづけ、肉の臭みを消す、
食欲増進などの働きがあり、煮込み料理に使われますよね
カレーにはマスト! シチューやマリネなどにも

そうそう、クッキング用のローリエが
少なくなっていたので、
DSCN0254.jpg
切った枝から、よさそうな葉をチョイス
DSCN0255.jpg
表裏をよく拭いて干し、乾燥させて
DSCN0269.jpg
出来上がり!
重しを載せなかったので丸まってしまいました
でも、自家用だからよしとして

さて、月桂樹の葉は、ベイリーフとかローレル、
ローリエなどと呼ばれています
ベイリーフはアメリカ英語、
ローレルはイギリス英語、
ローリエはフランス語

学名は
Laurus nobilis ラウルス ノビリス
Laurusは賞賛する、 nobilisは名高い、を
表すラテン語だそうです

ローレルは車の名前、月桂冠(古代ローマの勝者がかぶるリース)は
お酒の名前になっていますよね
古代ギリシャで、月桂樹は勝利や達成のシンボルとされたことから
ネーミングとなったとか

さっそく、お料理上手のM子さんにローリエを送りました

今日の庭(2016/10/26)

久しぶりの「今日の庭」シリーズです

秋も深まり花たちが少なくなってきました
DSCN0256.jpg
秋明菊
DSCN0262.jpg
浜菊
DSCN0263.jpg
ラベンダーセージ
DSCN0264.jpg
ブルースター(和名:瑠璃唐綿 るりとうわた)
DSCN0265.jpg
ホトトギス
DSCN0266.jpg
大白玉椿
DSCN0305.jpg
ハッサクの実も色づいてきました
ほかにも、コエビソウ、ツワブキなども咲いています
DSCN0312.jpg
今日の茶花です

庭もだんだん初冬の風情になってきました

第62回群馬県茶道会大茶会

今日、平成28年10月23日
群馬県茶道会大茶会が、ビエント高崎エクセルホールでありました
20161023.jpg
6支部8席に学校席1席の計9席
お天気も良く、大勢様が足を運ばれ
会場は華やいだ雰囲気に包まれました
どちらのお席もお待ちになるお客様が並ばれ大盛況でした

DSCN0301.jpg
   S先生、Yさんと

DSCN0303.jpg
この濃い紫地の旗は「県茶道会旗」
創立15周年に制定され、茶道会のシンボルマークを
白く染め抜いてあります
形は「鶴舞う形の群馬県」でしょうか

DSC_0947 - 2
今回、社中は9名参加しました
お点前やお席のしつらえ、お道具組の素晴らしさに
皆さん感じ入った様子
全員写っていなくてごめんなさいね

平尾誠二さんの訃報を聞いて

今日、M子さんからの電話でビックリ!
ミスターラグビーの平尾さんが亡くなったとのこと

そのあとすぐに、アイスさんとも電話で平尾さんの話をしました
アイスさんとは一緒にラグビー観戦にも行った仲
DSCN0294.jpg
華麗なステップ、日本を代表する司令塔
クールでステキなラガーマンにはもう会えない‥‥‥
DSCN0289.jpg
引っ越ししたときに、しまいこんでいたファイルから
抜き出したラグビー観戦のチケット・プログラム

同志社時代からスゴいラガーマンだなと思っていましたが、
初めて秩父宮に観に行ったゲームがコレ
DSCN0291.jpg
あの宮地監督率いる三洋電機との名勝負
インジャリータイムの平尾のパス、イアン・ウィリアムスの逆転トライ!
そしてノーサイド!燃えました!
忘れられません

DSCN0296.jpg
 ↑そして、これがV7のときのもの↓
DSCN0297.jpg


DSCN0295.jpg
1997年5月18日、平尾ジャパン
日本:カナダは32:31、これも逆転トライでした

コベルコスティーラーズのゼネラルマネージャーになったとき
国立競技場でアイスさんと見た、
颯爽とチェスターコートを着こなしていた姿も
忘れられません

まだ、信じられません

シャインマスカットでおいしいゼリーを

Eちゃんがシャインマスカットを送ってくれました
おいしいうちにとせっせと食べました

そのうち、そうだ!ゼリーにしよう!と思いつき、
ゼラチンは動物性だし、
やっぱり、植物性の方がヘルシーよね

なので、今回はアガーを使って作りました
DSCN0280.jpg
  このプルルンとしたやわらかな食感がたまりません

まず、皮をむき(これが結構大変です)、
白ワイン、砂糖、レモン汁で軽く煮て
DSCN0281.jpg
アガーを水に溶かし、煮立ったら
マスカットの果汁を入れてよく混ぜ、
マスカットを入れた容器いにそそいで
さまして、はいっ、出来上がり!です

アガーは、寒天が主原料の植物性ゼリーの素
寒天とは違ったぷるんとしたなめらかな食感のゼリーを作れます
何といっても、40℃で固まるのでとっても便利
それに、寒天やゼラチンとくらべて、透明感と光沢があって形崩れしません
真夏でも溶けないんです
寒天の代わりにアガーを使っているお菓子屋さんも多いとか

Eちゃん、ありがとう♪
食後のデザートで楽しんでます

ドナルド・キーンさん来高

昨日16日、群馬県立土屋文明記念文学館へ行きました
HPはコチラ
http://bungaku.pref.gunma.jp/

企画展「角田柳作(つのだ りゅうさく)とドナルド・キーン」
そして、記念講演会:キーン氏「先生」
   対談:キーン氏×堤伸輔(つつみ しんすけ)氏(新潮社編集委員)
      「私の会った日本の作家たち」
DSCN0273.jpg
  左:サインしてもらいました 右:図録

記念講演会は、定員150名、要申込、先着順とのことで、
9時30分から電話をかけつづけたけれど、つながらず、
やっとつながったのが9時41分で、OKでした
ホッとしましたよ

キーン氏の講演は、コロンビア大学時代の恩師である
渋川市出身の角田柳作氏とのエピソードでした
キーン氏のゆっくりとした語り口から、
真摯で泰然とした角田先生が思い浮かびます

大学の数多い先生方の中で、ただ1人、
日本語で「SENSEI」と呼べば角田先生のことだったそうです

第2部の対談では、
まず、三島由紀夫の名前が挙がりました
最初の出会いは、歌舞伎座の前。
そして、親交の深かった三島の著作の中では『金閣寺』
1000年後も読み継がれる小説であろう

阿部公房と言えば、『砂の女』
完璧な小説である

そして、瀬戸内寂聴
同じ94歳でも、寂聴さんは「あねさん」だとか
ほかなどなど‥‥‥
DSCN0271.jpg
終了後のサイン会では、サインはもちろん、握手してもらいました
手の骨格がしっかりしていて、澄んだまなざしが印象的でした
親しみを込めて「キーンさん」と呼びたいです

SO(そ)の焼き菓子&グラノーラ

先日はN子さんから、そして今日はAちゃんから
いただいた SO焼き菓子グラノーラ

おいしい(← これ大事ですよね)グラノーラ
大好きです
DSCN0159.jpg
N子さんからは、グラノーラ、クッキー、マフィン

DSCN0245.jpg
Aちゃんからは、グラノーラ3種類

DSCN0168.jpg

DSCN0251.jpg
もっちろん、早速いただいちゃいましたよ
DSCN0250.jpg
素材を生かした、食べておいしく、
体にも心にもやさしいお菓子です

SOは、高崎市下小鳥町にあります
とりせんやケンタッキーの近くです

SOのHPはコチラ
http://www.sohappy4cookies.com/

高崎にグラノーラがこんなにおいしいお店があったなんて
知りませんでした
N子さん、Aちゃんに感謝です

卒寿のお茶事

10月1日~3日の3日間
私の先生が「卒寿のお茶事」をなさいました
DSCN0235.jpg
  先生からいただいたお手紙

今回私は、料理方の役目を仰せつかり
つとめさせていただきました
Aさんと協力し合い、なんとか滞りなく
終えることができホッとしています

お客様(のべ40名近くいらっしゃいました)に
ご満足していただけたかどうかはわかりませんが
精いっぱいつとめたこと、貴重な経験となりました

また、私の社中の者8名もお招きいただき
お茶事の素晴らしさを、それぞれ感じ取ったようです
社中のなかには初心者もおりますが、
せっかくの機会ですので、経験させていただきました

これも、先生と若先生のご配慮のお蔭で
感謝の気持ちでいっぱいです
DSCN0231.jpg
  先生、若先生と社中で
DSCN0229.jpg
  先生と社中で
先生の意欲は、ご年齢を考えると本当にスゴいことですよね
姉弟子の方々も皆さん同じ気持ちだと思います

DSCN0231.jpg
  先生、若先生、Aさんと
ありがとうございました

先生には、これからもお元気で
あたたかく、そして厳しくご指導をよろしくお願いいたします