意識はしばしば感覚のひだのなかに身を潜めている

意識はしばしば感覚のひだのなかに身を潜めている

yu.jpg

今朝の新聞『折々のことば』の欄に載っていました
朝、ぼうーっとした頭では、ん?という感じでしたが、
解説を読んだら 
  
 祈るときは合わせた二つの掌(てのひら)のあいだに、

 口惜しくて歯ぎしりするときは歯と歯のあいだに、

 悔いて顔をしかめるときは眉間(みけん)、あるいは瞼(まぶた)のあいだに、

 魂はある。
tu.jpg

ミシェル・セールというフランスの思想家のことばだとか
難しいけど、何だかわかるような気がします
スポンサーサイト

2016高崎茶道会総会・新年会

1月24日(日)、高崎茶道会の総会・新年会に
行ってきました
雪が降ったらどうしよう‥‥‥と心配していましたが
風が冷たく寒かったけど、太陽が出ててホッとしました

会場は、高崎ビューホテル3階のあかぎ
DSCF5832.jpg

DSCF5834.jpg

総会での議事のひとつに、今年の高崎茶道会の事業計画があります
お茶会については、
春のお茶会は、3月27日(日)高崎茶道会大茶会
会場は、昨年までの少林山達磨寺から変わって、
問屋町の「ビエント高崎エクセルホール」

10月23日県茶会
昨年は北毛支部が担当で、会場は中之条町ツインプラザでした
今年は、高崎支部が担当します
会場はビエント高崎エクセルホール

秋のお茶会は、11月20日(日)高崎市・高崎茶道会合同茶会
会場は、いつもの高崎シティギャラリーです

そのほか、茶筅供養など‥‥‥

さて、総会が終わったら、新年会
お食事を美味しく楽しくいただきました

雪とハッサク

昨日また雪が降りました

DSCF5828.jpg
  高台の我が家の庭から
左側の南天の枝の先が市街地です

DSCF5826.jpg
庭のハッサク、キンカンと椿
DSCF5821.jpg
キンカンです
DSCF5820.jpg
ハッサクです

もう少ししてから収穫するつもりでしたが、
雪の重みで枝が折れそうなので一部収穫しました
DSCF5829.jpg
収穫したのは12個くらい
思いのほか実が大きかったです

でも、前に1個だけ早く採りました
DSCF5797.jpg
  床の間の右上に
例年お正月、初釜のお飾りです

収穫したハッサクは酸抜きします
いつものように1個ずつ新聞紙で包んで
ダンボール箱に入れて冷暗所に置きます
酸っぱさが適度に抜けて、追熟します
少し酸味があった方がおいしいですものね

残りのハッサクの収穫も楽しみです

2016我が家の年賀状

我が家の年賀状、平成28年版は「多胡碑(たごひ)」

多胡碑は、昭和29年に国の特別史跡に指定されています

上毛かるたにも「昔を語る多胡の古碑」とありますよね
日本三大古碑の一つで、歴史だけでなく書道の世界でも有名とか

平成27年9月24日、ユネスコ世界記憶遺産の国内候補として決定、
平成29年のユネスコ国際諮問委員会で登録の可否が審議されるそうです

多胡碑については
高崎市指定文化財のHP上野三碑:多胡碑を
      
https://www.city.takasaki.gunma.jp/info/sanpi/03.html

2016-1.jpg
   5色になりました

アトリエ モア ザン モア も見てくださいね

2016年初釜&ワンコインお茶会

新春を祝って行われるお茶の行事「初釜(はつがま)」
2016年は9日(土)午前10時から午後2時頃まで
清友庵で社中の皆さんと共に過ごしました

DSCF5796.jpg
床の間の室礼(しつらい)
新春の寿ぎを感じられるように晴れやかにしました
DSCF5798.jpg
点前畳
竹台子に朱手桶の水指、杓立(柄杓と飾り火箸)、建水に蓋置
上には棗、羽箒、ぶりぶり香合
DSCF5792.jpg
青竹の花入れに結び柳と紅白の椿
丸く結んだ柳は、お互いがこの柳に結ばれるとか、
「一陽来福(いちようらいふく)」冬が去って春が来る、祝う心を表す
などの意味があるそうです

さあ、お点前は、
初釜なので普段より格式のあるお点前になります
台炭(だいずみ)、利休さんにお供茶(くちゃ)、
大福茶(おおぶくちゃ 濃茶)、点心(てんしん 軽い食事)、
薄茶、と続きます

まずは、炭点前の台炭から
DSCF5801.jpg
いつものお点前と違い、
羽箒、火箸、香合が台子にあるので
一つずつ台子に向かい奉書紙の上におろして始めます
Mさんが炭をきれいについでくれました
お香の香りも漂って、新春ムードいいですね
DSCF5802.jpg
炉縁(ろぶち)は四君子蒔絵(しくんしまきえ)
四君子とは、草木の4種 蘭、竹、梅、菊のことで、
君子のように気品の高い美しさを持っているからだそうです
上部には菊、桐の蒔絵があります

お供茶は、Tさん、半東はSさん

大福茶は、souetsu、半東はAさん
DSCF5806.jpg
台子の前に、大海(たいかい)の茶入、
島台の茶碗(しまだい 金箔と銀箔で塗った2つの茶碗を重ねたもの
表千家七代如心斎の好み)
高台にも特徴があって、上の金の茶碗は五角形で鶴、
下の銀の茶碗は六角形で亀を表しているそうです
お目出度いですね
DSCF5803.jpg
大福茶をいただく前にお菓子 花びら餅を

点心は松花堂弁当を作りました
DSCF5807.jpg
右上から時計回りに
千枚小鯛、海老の炒めとむかごの素揚げ、
海老芋と焼き湯葉巻と人参のお煮しめ、
干支蒲鉾と小鯛の蒲鉾にそれぞれウニとかにみそをサンド
椀盛は、カニみぞれ蒸しに三つ葉と柚子を載せて
ご飯
別鉢に、たくわんの千切りとしば漬のみじん切り(画像なしです)
何日か前から下拵えを始めましたが、結構ハードスケジュール
でも、「おいしいっ!」の一言で報われますね

飛び入りで、4日にNさんにいただいた
京都嵐山吉兆の黒豆と栗を
蒲鉾のところにニューカマーとして入れました
DSCF5774.jpg
お蔭さまで豪華になりました

そしてお待ちかね、恒例の福引
景品は、茶筅、香合、懐紙など

最後に薄茶をいただきました
七事式の花月をして、それぞれが薄茶をいただいてお開きです
今年もまじめに楽しくお稽古しましょう!
DSCF5809.jpg
初釜が終わるころ炭はこんな感じになります

炭と釜のお湯を足して
午後3時からは「第6回新春ワンコインお茶会」です
会費は、お1人ワンコイン、500円
社中、ご近所、知人の方々に声をかけ
DSCF5814.jpg
集まった皆さん、知っている人も知らない人とも
和気あいあいに楽しく過ごしました

本年もよろしくお願いします
健やかないい1年になりますように