FC2ブログ

26年4月のお稽古

4月と言えば透木釜(すききがま)

DSCF0989.jpg
炉壇の上に桐の透木を置いて
釜を載せます

DSCF0998.jpg
上から見るとこんな感じ

DSCF0990.jpg
お軸は「弄花香満衣」(花をもてあそべば香り衣に満つ)
DSCF1019.jpg
竹の画賛です

DSCF1023.jpg
DSCF1024.jpg
香合は今右衛門の吹き墨です

DSCF0979.jpg
点前座(てまえざ)の様子

DSCF0976.jpg
体験コース2回目の男性
今日は、略盆点前の割稽古(わりげいこ 部分稽古のこと)なのですが
雰囲気を味わってもらおうと、点前座でお茶を点てるだけですが
挑戦してみました

DSCF0980.jpg
春の野棗と茶杓「三笑」三つ節があります

お菓子は
DSCF1027.jpg
竹の子
DSCF1117.jpg
出世兜

お干菓子は
DSCF0993.jpg
すみれの麩焼きせんべいと観世水
DSCF1114.jpg
牡丹に観世水

4月のお稽古も終わり
炉の季節も終わりです

DSCF1082.jpg
炉の灰を全部あげて、フルイで
ゴミや炭のかけらを取り除きます
底瓦と奉書紙も取り、
しっかり搾った雑巾で拭きあげ、
渇いたタオルイで水気を取って
自然乾燥させます
5月から風炉の季節になります
スポンサーサイト

お花をいただきました

Y子さんから牡丹の花はいかがですか
と連絡があり、
もちろん、いただくことに

DSCF1085.jpg
立派な白と赤の牡丹をいただきました

DSCF1084.jpg
あっ ピンクのシンビジウムも
Y子さんのお家はお花を育てるのが
とっても上手です

早速、飾りました
シンビジウムはリビングに

DSCF1120.jpg
牡丹は玄関
DSCF1159.jpg
直径23cm位に大きく咲いて、スゴーい

DSCF1116.jpg
白のツボミは茶室に生けました
気品がありますね

そして昨日、花華展を観に行ったときに
ステキなお花がたくさん
東華古流家元の加辺先生から
珍しいお花をいただきました

DSCF1161.jpg
ツボサンゴ(壺珊瑚)
茶花に使います
小さな花の形と色がカワイイし
雪ノ下に似た感じだな、と思っていたら
やはり、ユキノシタ科の花でした
コーラルベルとかヒューケラという別名があるそうです
ほかの色のヒューケラや雪ノ下も庭にありますが
可憐な感じがいいですよね

今日の庭(4/16/2014)

一昨日から、庭の草むしりを始めました
決めたノルマは、1日につき2時間
今日で3日目、まだ終わりが見えません
今年初めてだからですよね、きっと

さて、庭では、次々に花が咲いています

DSCF1002.jpg
丁字草(チョウジソウ)のつぼみ

DSCF1017.jpg
一人静(ヒトリシズカ)の可憐な花

DSCF1007.jpg
十二単衣(ジュウニヒトエ)の花、結構あざやか

DSCF1013.jpg
白山吹(シロヤマブキ)


これから咲く花たちです
DSCF1001.jpg  DSCF1009.jpg
擬宝珠(ギボシ)          紫蘭(シラン)
  
DSCF1011.jpg  DSCF1012.jpg
口紅紫蘭(クチベニシラン)    大紫露草(オオムラサキツユクサ)

DSCF1014.jpg  DSCF1016.jpg  
著莪(シャガ)           黄花宝鐸草(キバナホウチャクソウ)
 
毎日楽しみです

桜もち

桜がきれいに咲いていますね
桜と言えば桜もち
桜もちと言えば道明寺

カワイイ紅白の桜もちを見つけました
DSCF0903.jpg
その名も紅白道明寺
銀座甘楽製です

DSCF0906.jpg
1枚の桜の葉に紅白の2色の道明寺粉でちょこんと
桜の花の塩漬けも載っていてキレイでしょ
しかも、白は白あん、ピンクはこしあんになってます

DSCF0908.jpg
織部のお茶碗にお茶を点てていただきました
もちろんお味もとってもおいしかったです

新宿伊勢丹で見つけました
お値段は200円だったかな

さて、桜と言えばもう一つ

hananokumo.jpg
芭蕉の句碑です (画像は高崎市のHPから)

「観音の甍(いらか)見やりつ花の雲」
芭蕉が貞享3年(1686)深川の芭蕉庵から
浅草寺の方を眺めて作った句です
桜の花が咲いているのを雲に見立てています
句碑は観音山のふもと、清水寺の石段下にあります

高崎市の重要文化財に指定されていますが
なぜ、この芭蕉の句碑がここに建っているのでしょうか
詳しくは、高崎市のHPで
http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2013121800297/

観音山方面に行かれたら
チョッと寄ってみてはいかがでしょうか

熊谷支部60周年記念茶会

3月30日、江戸千家不白会熊谷支部の
60周年記念茶会に行ってきました
場所は星渓園(せいけいえん)

se1.jpg
   入口
se2.jpg
   回遊式庭園
se3.jpg
   星渓寮 お家元席です (以上3点の画像は熊谷市のHPから)

星渓園は、群馬県南牧村出身の武井澹如(たけい たんじょ)翁によって
慶応年間から明治初年にかけてつくられたものとか

DSCF0938.jpg
当日は小雨模様 画像右半分が星渓園です
テントが受付で、その向こうが入口になります

DSCF0934.jpg
   お茶券

DSCF0939.jpg
   記念品 さあ何でしょう

DSCF0940.jpg
キレイな小風呂敷 流儀の紋が染め抜かれています
色もステキ、熊谷染とありました
作ったのは上州屋という屋号でした

お天気はあまりよくなかったのですが、
主催の熊谷支部の方たちの心配りや
気遣いがとても細やかで心に残るお茶会でした

3月のお稽古

遅くなりましたが、3月のお稽古をアップします
3月は釣釜(つりがま)を使ったお稽古をしました

DSCF0818.jpg
釣釜は、炉も終わりに近づいた3月の中頃から
4月にかけて用いられます
まず、炉の五徳(ごとく)を取り外して、炉の灰の深さを調節します
天井の蛭釘(ひるくぎ ヒルに形が似ているからとか)から
鎖を下げて釜を釣るのですが、その釜には大きな鐶(かん)をかけ、
つる(金へんに玄)をかけて鎖に釣ってあります

 小間(四畳半以下)は竹の自在(じざい)で、
             ↑
 よく囲炉裏などで見かける木製の魚がついてますよね
 広間(四畳半以上)では、鎖で釣ることになってます
 
釣釜がゆらゆらと揺れる風情が春風のようで
炭の美しさとともに季節を感じます
初めて釣釜のお点前をしたときは、
柄杓でお湯を汲んだり、釜に預けると
釜が揺れるので、ちょっとドキドキしたものです

3月は桃の節句がありますね

DSCF0810.jpg
なので、お軸も「桃花万家宴(とうか ばんかの うたげ)」
脇床には
DSCF0807.jpg お雛様の色紙と貝合わせを飾り

DSCF0808.jpg 床の間に御殿お雛さまを飾りました
お雛さまには狭くて申し訳ないけど

DSCF0815.jpg
香合もお雛さま

DSCF0816.jpg
お棚は水指棚(みずさしだな)

DSCF0821.jpg
お棗は貝合わせの貝桶の蒔絵
お茶碗もお雛さま
茶杓は、お雛さまからガラッと変わって
東大寺二月堂のお水取りの籠松明に使われた竹
3月つながりです
お菓子は
DSCF0822.jpg  DSCF0856.jpg
主菓子(おもがし)は、3月なので桃です
桃を求肥でかたどった中には白味噌餡が入っています
それから、手折桜(ておりざくら)
DSCF0859.jpg お干菓子はお雛さま
袋の中はチョコレートです

DSCF0800.jpg
水屋には「春風以接人(しゅんぷうをもって ひとにせっす)」
いい言葉ですね
先生が書いてくださいました
うさぎの絵が描かれています

DSCF0826.jpg
そうそう、お花は、大城冠(だいじょうかん)椿と
枝物はユキヤナギ

4月のお稽古は、釣釜をはずして、
透木釜(すきぎがま)にしようかなと思っています

今日の庭(4/3)

今年の大雪のせいか、春の花たちが一斉に咲きました

DSCF0921.jpg  DSCF0922.jpg  DSCF0920.jpg
クリスマスローズ 3種類

DSCF0960.jpg  DSCF0918.jpg
ヒマラヤ雪の下          ラッパ水仙とスズラン水仙

DSCF0957.jpg  DSCF0959.jpg
バイモ              ユキヤナギ

DSCF0926.jpg  DSCF0962.jpg  DSCF0917.jpg
椿 3種類

DSCF0958.jpg
パンジー

DSCF0925.jpg  DSCF0929.jpg
春蘭                春蘭の収穫

いろいろな花たちを見ていると
北国の春を思い出します