FC2ブログ

朝日俳壇・歌壇 選者8人歌仙を巻く

先週の10月20日、有楽町マリオン11階の
「有楽町朝日ホール」へ行ってきました

エレベーターで11階に昇るとホールの入り口があり、
1710206.jpg
これは、内部のエレベーターホール
1710207.jpg
ステンドグラスの素敵な窓もあり、
1710204.jpg
そこからは、松屋方面が見えました

今年は、朝日俳壇が」朝日新聞紙面に登場して110年、
朝日歌壇は107年になるそうです
これを記念して、俳壇と歌壇の選者8人が36句の連句を
詠み合う「歌仙」(かせん)を前もって作り、
完成した歌仙について語り合うのを聴いてきました

1710203.jpg
歌仙とは、連歌(れんが)・俳諧の形式の一つで、長句(五・七・五)と
短句(七・七)を交互に36句続けたもの
この句を詠むことを「巻く」というそうです

1710201.jpg
「八鬼夜行歌仙」
百鬼夜行(ひゃっきやこう、ひゃっきやぎょう)を
もじったタイトル

選者8人が一堂に集まるのは本当に貴重なことで、
ライブでお顔を観られるなんてぜひぜひ、と
勇んで行きました

その選者の方々は(敬称略)
俳壇:稲畑汀子、大串章、金子兜太、長谷川櫂
歌壇:佐佐木幸綱、高野公彦、永田和宏、馬場あき子

ただ、金子兜太さんは
ご高齢(1919年生まれ)による体調への影響を考慮して欠席され、
ビデオメッセージによる参加となりました
残念でした
1710202.jpg
これが、歌仙を巻いたものです(一部ですが、メモがうるさくてすみません)
前の句と後の句が、関連性あるようなないような
素人にとっては、不思議な感覚です
でも、楽しい!

選者の方々が詠んだ句についてのお話に
うなづいたり、感心したり、思わず笑ったり
なかなか得難いひと時を過ごしました

実は、永田和宏さんのファンでして
帰りのエレベーターでご一緒になったときは
とってもうれしかったです
スポンサーサイト

意識はしばしば感覚のひだのなかに身を潜めている

意識はしばしば感覚のひだのなかに身を潜めている

yu.jpg

今朝の新聞『折々のことば』の欄に載っていました
朝、ぼうーっとした頭では、ん?という感じでしたが、
解説を読んだら 
  
 祈るときは合わせた二つの掌(てのひら)のあいだに、

 口惜しくて歯ぎしりするときは歯と歯のあいだに、

 悔いて顔をしかめるときは眉間(みけん)、あるいは瞼(まぶた)のあいだに、

 魂はある。
tu.jpg

ミシェル・セールというフランスの思想家のことばだとか
難しいけど、何だかわかるような気がします