FC2ブログ

特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展へ行ってきました!

所用で東京へ行ったので、
これ幸いと帰りに東京国立博物館へ寄ってきました
特別展京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展が
開催中です
1811021.jpg

東京国立博物館のHPは  
https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1914

特別展のみのHPは  
https://artexhibition.jp/kaikei-jokei2018/

大報恩寺(だいほうおんじ)は、通称
千本釈迦堂」(せんぼんしゃかどう)
この特別展では、秘仏本尊の釈迦如来坐象、十大弟子立象、
六観音菩薩像(お姿がいいんです!)など
鎌倉彫刻がズラリ!

大報恩寺のHPは  
http://www.daihoonji.com/about/

本堂は、京都市内では最古の木造建築で国宝に指定されています
前(さき)の大戦といわれる「応仁の乱」(1467~1477)の
戦火にあっても焼失せず、しかも本堂の柱にはそのときに
ついたといわれる刀傷が残っています
30年前くらいに千本釈迦堂に六観音を拝観したくて
行ったときに刀傷もしっかりと見てきました

応仁の乱の刀傷について詳しいのは  
http://osumituki.com/event/historia/99940.html

さて、平成館のエントランスに入ると
1811024.jpg
エスカレーターで上がって右手の後ろ側が入口です
館の右側半分が展示室になります
いつもと違うので、アレレという感じ
左側は、もう一つの特別展「マルセル・デュシャンと日本美術」でした

展示室に入ると、なんと!
六観音菩薩像の光背が外されて、背中も間近に観られるんです
これは、会期後半(10月30日~12月9日)のみ

そして、六観音のうちの聖観音菩薩像だけ撮影OKです
もちろん、フラッシュはNGですよ
1811022.jpg
こんな感じです
スマホだったらもっとキレイに撮れますよ
​   
1811025 (2)
図録は、2,300円(税込)でした
1811025 (1)
   カバーを開くと
実際に観ると、カワイイお顔立ちの仏さまも

入場券は1,400円
「マルセル・デュシャンと日本美術」も
観たい方は、セットで2,000円です

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展
おススメです お見逃しなく
スポンサーサイト

「仁和寺と御室派のみほとけ」に行ってきました!

2月27日お昼頃、次は東京国立博物館

先ずは、法隆寺宝物館1階の
ホテルオークラ ガーデンテラスのランチ
おいしくお腹を満たして、いざ平成館へ
仁和寺と御室派のみほとけ特別展

天平と真言密教の名宝が出開帳(でがいちょう)
出開帳とは、東京出張みたいなもの
一堂に会するのですから、スゴい!
とにかくスゴイっ!
182271.jpg

182272.jpg

いやもー圧巻です
見てください
1822769.jpg
通常非公開の仁和寺観音堂内部を特別再現
ここだけ撮影OKです
もちろん、フラッシュはOFFですよ

横から見ても
1822776.jpg
圧巻です

後ろから失礼ですが
1822773.jpg
風神↓雷神↑のヒップも
1822775.jpg
パンダのシャンシャンのヒップにも劣らずカワイイ

ずーっと前に訪ね歩いて拝観した
遍照寺の十一面観音菩薩立像
再会できたのもうれしかったです

そのほかの各展示に圧倒されつつ、
やっぱり秀逸なのは国宝の4体のほとけさま

以下の3体の画像は、公式サイトから
182277.jpg
なかでも、この小さな薬師如来坐像
像高さ11センチ、全体でも高さは24センチ
なんとも愛らしい薬師さんです
182278.jpg
道明寺の十一面観音菩薩立像
182279.jpg
そして、葛井寺の千手観音菩薩坐像
お厨子の中を拝観するのとはまた違う
清々しさ、気高さを感じます

詳しくは特別展「仁和寺と御室派のみほとけ」公式サイトを
http://ninnaji2018.com/

1822710.jpg
図録は、2,800円(税込)でした

まだ時間の余裕があったので
平成館から表慶館へ向かいました

「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」へGo!

さて、「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」は、
上野の山をおりて、京成上野駅の池之端口と
道路を挟んで向かい側にあります

コンセプトは、「東京にある、長浜の観音堂
琵琶湖の北東にある滋賀県長浜市はなんと
130を超える観音さまがいらっしゃいます
そして、その観音文化の情報発信基地として
不忍池ほとりに観音堂ギャラリーがあり、
だいたい2か月ごとに展示が変わります
IMG_20180227_110427_.jpg
住所は、東京都台東区上野2丁目14番27号
上野の森ファーストビル1Fです
IMG_20180227_110453_.jpg
看板のすぐ左を行くと
IMG_20180227_110514_.jpg
この左がエントランス
奥は、不忍池に面しています

IMG_20180227_111145.jpg
   余呉町国安(よごちょう くにやす) 十一面観音菩薩立像
とっても穏やかで和めた空間でした
ありがたいことにフラッシュOFFならば
写真撮影させていただけます
何より実際に間近に拝観できるなんて嬉しいです
この観音様の展示は3月18日まで

余呉町は、高月町、木之本町など
観音の里といわれた地域とともに
2010年に長浜市に編入されました
なので、これからの展示も楽しみです

びわ湖長浜 KANNON HOUSEのHPは 
http://www.nagahama-kannon-house.jp/

では、当初の目的地 東京国立博物館へ
そろそろお腹が空いた時間でした

「運慶」展に行って発見!

「運慶」展に行って発見したこと

なんと大阪の藤井寺市にある葛井寺(ふじいでら)の国宝
千手観音菩薩坐像(せんじゅかんのんぼさつざぞう)が
ついに東博へ
u1.jpg
葛井寺で毎月18日の観音様の縁日にだけしか
公開されない天平の秘仏です

乾漆(かんしつ)という造りも珍しいし、
実際に1000本以上の手を持つ(1041本)千手観音さんは
ほかには確認されていません
なんといっても優美なお顔立ちは素晴らしいです

一生懸命18日に合わせて拝観したのは
もうずうっと前、若かりし頃(笑)でした

この千手観音さんは、下記の特別展で公開されます
(ただし、来年2018年2月14日~3月11日限定)

「仁和寺(にんなじ)と御室派(おむろは)のみほとけ」
ー天平と真言密教の名宝ー
仁和寺は皇室と関係が深く、宇多法皇は出家した後お住まいになったので
「御室御所」(おむろごしょ)と呼ばれるようになりました
地名も御室です
あのオムロンの会社名は、本社が御室にあったことから名づけられたとか
この展示は2018年1月16日~3月11日です
u2.jpg
これも名だたる仏像がずらり
葛井寺と同じ日に行って拝観した、藤井寺市の道明寺(どうみょうじ)の国宝
十一面観音さんもお出ましになります
やはり拝観日があって、18日と25日です
桜餅の道明寺粉の由来のお寺でもあります

うれしい!
もう絶対に行かなくては!という思いで
パンフをいただいて来ました
公式HPもアップされていました
http://ninnaji2018.com/

それからもう一つ
本館18室 近代の美術 で11月12日まで
高崎ゆかりの人の肖像画が展示されています
20171101152715.jpg
深井英五(ふかい えいご)氏像
昭和12年(1937)安井曾太郎(やすい そうたろう)筆

深井英五は、旧高崎藩士 深井景忠の五男として生まれ、苦学して
第13代日銀総裁になった人です

常設展示ではなく、ときどき展示されるので
チャンスですよ

「運慶」展つながりです

「運慶」展の会場でいただいたもの
(「運慶」展は、11月26日までです)
朝日新聞の記念号外
171118.jpg
中は
1711181.jpg

もちろん、出品目録
171119.jpg

それから、本館では博物館ニュース
いつも本館インフォメーションコーナーへ行って貰います
1711110.jpg
隔月刊、オールカラーで15ページ
「ニュースをください」と言えば出してくれます

171141.jpg
表紙の文殊菩薩騎獅像および侍者立像
(もんじゅぼさつきしぞう および じしゃりゅうぞう)は
運慶の孫である康円(こうえん)の代表作
本館の14室で、12月3日まで公開されています
171143.jpg
171142.jpg
しかも、今回はご本尊を光背と蓮台、文殊菩薩、獅子と
分けて展示 (画像は東京国立博物館のHPから)

なかなか見られないので必見です