FC2ブログ

トン・コープマン チェンバロ・リサイタル in 高崎

昨日の7月10日、高崎シティギャラリー コアホール
トン・コープマンチェンバロ・リサイタルに行ってきました

今回の来日「トン・コープマン・プロジェクト2018」は
いずれもオーケストラ公演なので、
このリサイタルはうれしい!

18710.jpg
              (プログラムより)

チェンバロ特有のキラキラしてきれいな音色
崇高さが感じられる響き♪

187102.jpg

そして、やっぱり圧巻だったのは、バッハ
個性的なモダンともいえる演奏でした

楽しいエキサイティングなコンサートでした
スポンサーサイト

松田ari幸一 ハーモニカコンサート

2011年6月に「ブルースハープ♪」という
ブログをアップしました
それからもう7年も経ちます

で、本日、2018年6月30日
念願の松田幸一さんのハーモニカコンサートに
行ってきました

186302.jpg
                                              (チラシから)

会場は SoundTam/サウンドタム
186301.jpg
                       (サウンドタムのHPから)

安中市の新島学園から磯部に向かう道の左側にあります

186303.jpg
サウンドタムの駐車場に着きました  
雨が降ったので、テントの中が受付でした
そのすぐ右手が入口です

何を隠そう(笑)ドライブ中の定番Musicのひとつは
「松田幸一/ハーモニカ・ア・ラ・モード」
お気に入りです

日本を代表する10ホールズハーモニカ(ブルースハープ)奏者の
松田さん、通称「ariさん」
10ホールズってことは、穴が10個しかないハーモニカってことですよね

ステージの上に20本くらい?のハーモニカが
ケースの中に入っているのが見えました

今回は、ハーモニカのほかに、ギターとキーボードのトリオ
さて演奏は、ブルースから始まりました
スゴい!
最初の音で、コンサートに来てよかったかどうか
わかりますよね
クール!だったです
機会があったらまたぜひ行きたいLiveでした

松田幸一さんのHPはコチラ
 http://www.ari-times.com/

サウンドタムのHPはコチラ
 http://soundtam.jp/

YouTubeでも松田さんのハーモニカ聴けますよ

マリア・ジョアン・ピリス ピアノ・リサイタル in 高崎

昨日の4月10日、高崎シティギャラリー コアホール
マリア・ジョアン・ピリスピアノリサイタルに行ってきました

184101.jpg
甘さや装飾のない、澄んだ音色、
ピュアな精神性が感じられるピリスのピアノ
大好きです

とはいえ、ピリスはホントに久しぶり
最初に聞いたのは、1992年11月9日
伊勢崎市文化会館で
184111.jpg
「マリア・ジョアオ・ピリス ピアノリサイタル」
ベートーヴェンのピアノソナタとショパンの前奏曲
アンコールは、シューマンのロマンスでした

そして、1994年7月6日
もう使われていない、お茶の水のカザルスホール
「マリア・ジョアオ・ピリス&オーギュスタン・デュメイ
デュオリサイタル」
184112.jpg
プログラムの曲目変更があったけど
このデュオはとっても素晴らしかった
アンコール曲は2曲で、2曲目の
フランクのヴァイオリンソナタが、また素晴らしい!
(このカザルスホールはいいホールでした
とっても残念です)

それから聴くチャンスを逸してしまい、もう20数年経ってしまいました
ピリスは今年2018年のシーズンをもって引退するそうです
なので、今回が最後の日本ツアーだとか

昨日は、ベートーヴェンのピアノソナタ3曲
初めの「悲愴」が始まった瞬間、ピリスを聴けてよかった、と思いました
2曲目は「テンペスト」、そして最後のソナタ32番
アンコールは、ベートーヴェン「6つのバガテル」第5曲
重く力強く美しい音、澄み切った美しい音が奏でるメロディ
会場の空間までもピリスに酔いしれています

そして終演後、サプライズが!
なんと急きょのサイン会
CDでもパンフでもとにかく1人1枚
184104.jpg
ツーショットはダメだけど撮影はOKでした
184105.jpg
ぞくぞくと並んでいます

コンサートの余韻がうれしい一日でした

五嶋龍、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団のコンサート

エリアフ・インバル 指揮
ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団
ヴァイオリン 五嶋龍 のコンサート

1703141.jpg
    (チラシより)

音楽センターに行ってきました

2012年の五嶋龍ヴァイオリン・リサイタル以来
5年ぶりの龍君のヴァイオリン

170314.jpg
   プログラム
巨匠インバル指揮のメンデルスゾーン/ヴァイオリンコンチェルト
通称メンコン
龍君は、難なく軽やかに弾いて、フレッシュな音感が清々しいです

後半は、オケでマーラー/交響曲第5番
緩急自在、ドラマティックな展開、さすがです

プログラムを見ると
龍君が共演するのは
高崎、横浜、東京、大阪のみ
高崎で聴けてよかったです

今回お連れは車椅子で来ました
まだまだバリアフリーは難しいですね

でも、うれしかったことがひとつありました

コンサート終了後、車椅子用階段昇降機に乗るため
係の人が来るのを待っていました
その間、「プレイヤーのマネージャーですが」と、
私たちのことを心配してくださった人がいました
オレンジ色のニットワンピースを着こなし、
ちょっと大阪弁のアクセント
もしや、龍君のお母さまの五嶋節さんでは?
やっぱりそうでした

コンサートの余韻とともに
気遣いがうれしく、心に残る一日になりました

エリック・サティ生誕150年記念コンサート♪

ご縁があって、ピアノコンサートに行ってきました
タイトルは、「サティが生きたパリの音

at2.jpg
  会場のアトリエミストラル
高崎市下小鳥町にあります
at5.jpg
  壁には金庫が
それもそのはず、旧金融機関の建物を改装したそうです

at1.jpg
プログラムは
きれいで軽やかなワルツの「ジュ・トゥ・ヴ(おまえが欲しい)」
ほか小品が2曲と、秘曲「星たちの息子」全曲版

at4.jpg
  使用楽器は、パリのピアノ「プレイエル」
「ジュ・トゥ・ヴ」は1900年(明治33)に作曲されました
高崎市の市制施行と同じ年です
そしてこのピアノは1905年製
サティと同時代のピアノは、筒井一貴さんの演奏で
ふくよかできらめくような音がします

サティの、明るさの中に明るさの中にどこかアンニュイで儚げな感じが
何ともいえません
心に沁みてきますよね

アトリエミストラルのHPは
http://atelier-mistral.jimdo.com/

久しぶりのピアノコンサート
行ってきてよかったです